【Ayase】ハッピーエンダーの歌詞が凄すぎるのでみんな聴いてくれ【YOASOBI】

雑記

夜に駆ける1億再生!!!

「夜に駆ける」、めちゃくちゃ好きな曲で、いちファンとして純粋に嬉しいです。

ただね、YOASOBIの曲とAyaseさんのボカロ曲で再生数開きすぎじゃない??

私の一番好きな「ハッピーエンダー」は71万再生なんですけど、「夜に駆ける」と比較して1/100以下です。
単純に考えて「夜に駆ける」を聞いた人の1/100程度しかAyaseさんのボカロ曲の方に流れてきてないわけですよ。

マジでもったいない!!!

なので自ら布教していこうと思います。

「ハッピーエンダー」とは

ハッピーエンダーは2019年2月1日に公開された、Ayaseさんの3番目の作品です。

「夜に駆ける」と似た系統で、流れるようなテンポの速いメロディの上に、多数の歌詞が気持ちよく乗っていくAyase節はこの頃から既に全開です。

あまりにも速いので、初めて聴くだけではおそらく歌詞が頭に入ってこないと思いますが、この歌詞がまた素晴らしいんです。

「ハッピーエンダー」歌詞解釈

上のツイートにもあるように、ハッピーエンダーは「後悔と絶望の中から諦めずにもう一度前を向く」曲です。

まさにその通りの曲で、「後悔と絶望」パートの1番「まだやれるんじゃ」パートの2番「もう一度前を向く」パートのラスサビという構成になっています。

「精々こんなもん」と投げやりになる1番Aメロ

精々こんなもんだよって
捨てる様にそっと
吐き出す度に虚しくもなるけど
もうどうしようもないの
偽物ですらないの
もう好きにして
どうだっていいよ

「精々こんなもんだよって吐き出す」、理想との違いを感じたことのある人なら経験があるんじゃないでしょうか。

本当の理想はもっと高いところにあるのに、「もうどうしようもない」。
自分の力では「偽物」にすら届かない。

だから諦め、むりやり現状を受け入れようとする言葉が「精々こんなもん」です。
最終的には、「どうだって」よくなってしまいます。

「言葉を抱いてしまう」1番Bメロ

ほらまた其処で見下しているんでしょ
故に絡まり合っているんでしょ
此処に正解とかないからほらまた
奪り合って殴っているんでしょ
其れが言葉を抱いてしまうなら
其れで全てが帳尻合うなら
笑われてるのは
僕か君かはたまた
「何処かの誰ですか?」

おそらくここが一番難しく、人によって解釈が分かれる部分だと思います。
というのも、「言葉を抱いてしまう」で思い浮かべる言葉によって、ガラッと意味が変わるからです。

  • 「奪り合って殴っている」ように、相手を傷つける言葉を思い浮かべるのか、
  • 「其処で見下している」ように、「自分は悪くない」と思うのか、
  • 「悪いのはお前だ」と思うのか、
  • それとも「自分が悪い」と思うのか、

とにかく色んな言葉が考えられます。

でもそれらに共通することは、「其れで全てが帳尻合う」ことです。
人のせいにしたり、自分のせいにしたり、社会のせいにしたりして、自分の現状に帳尻を合わせて納得しようとしてるんです。

でもそんな言葉を吐いたとして、「笑われてるのは」何処の誰なんでしょうね?

「言葉を抱く」っていうのがパツと見わかりづらいですが、「抱(だ)く」ではなく「抱(いだ)く」と読むと分かりやすいです。

抱(いだ)くには「ある考えや感情をもつ」という意味があり、帳尻合わせの言葉とともに「ネガティブな感情」を抱いてしまうと私は解釈しました。

曲中では、「抱(だ)いてしまう」とも「抱(いだ)いてしまう」とも聞こえるので、もしかしたら「抱(だ)く」の方で解釈できる方もいるかもしれませんけどね。

「愛が溢れて仕方ないけど、忘れてしまえばいい」1番サビ

1番サビ、未練の塊の歌です。

最底辺掠める晩成の解
其処に全部を賭してきましたか?
心残り一粒もありませんか?
ならその目から一つずつ零れ落ちたのは
何を誰を想い落ちたのですか?

「最底辺掠める晩成の解」、これを読み解くには「晩成」の意味を知る必要があります。

「晩成」には「年を取ってから成功すること」という意味が広く伝わっていますが、今回はそちらではありません。
もう一つの意味の「普通より遅れてできあがること」の方です。

つまり、「最底辺スレスレ、長い間もがいてようやく分かった答え」、これが「最底辺掠める晩成の解」の意味です。

その後の問いはシンプルながら心にきます。
全部を賭してきたのか、心残り一粒もないのか、何を誰を思い零れ落ちたのか……。

ひとつひとつの言葉選びが秀逸で、スッと心に入ってきます。

最低だって不安定だってさ
其処に愛が溢れて仕方ないから
まだ手放せず握り締めているんでしょ?

ガチでそれ!!!

この歌詞、諦められないものがある人には本当に刺さると思います。
少なくとも私には刺さりました。

私、漫画家も小説家も挫折しましたけど、結局「面白いコンテンツを作り上げたい!」という想いが捨てきれず、こんなブログ作ってまでゲーム制作やってます。

やっぱり「まだ手放せ」そうにありません。

惑わせるほど
まだ痛いけど
忘れてしまえばいいの

そしてこれが、「最底辺掠める晩成の解」です。

  • 其処に全部を賭してきましたか?
  • 心残り一粒もありませんか?
  • ならその目から一つずつ零れ落ちたのは 何を誰を想い落ちたのですか?
  • 其処に愛が溢れて仕方ないから まだ手放せず握り締めているんでしょ?

これらの4つの問いに対する答えが、「忘れてしまえばいいの」です。

ずっと悩んできたけれど、「もうどうしようもない」し「忘れてしまえ」。
それが1番の解です。

「まだ誰にも分からない」2番Aメロ

もう大体分かってきたんだ
仕方ないよきっと
思い知らされる度に心が痛いよ
いやでも待ってそうじゃないよ
イメージしちゃってない?答えを
まだ誰にも分からないでしょ

さて1番で「忘れてしまえばいいの」とか言ってましたが、こいつ全然諦めきれてません。

「仕方ないよきっと」「心が痛いよ」とか並べてますが、たった3行で意見を翻し「そうじゃない」と言ってます。

それは自分が勝手に答えを「イメージしちゃって」るだけで、「まだ誰にも分からない」。
これって純然たる事実なんですよね。

未来が分かる人は居ません。
自分が諦めない限り、未来は「誰にも分からない」。
それだけは事実です。

「まだ温かいでしょ?」と問いかける、2番サビ

最低限で済ましてきたんじゃない?
其処に全部は割いていないんじゃない?
心の内で楽をしちゃいませんか?
またその目から一つずつ零れ落ちたのは
余白があるからじゃないんですか?
最低だって不安定だってさ
其処に愛が溢れて仕方ないから
まだ手放せず握り締めているんでしょ?
もう一度強く抱きしめてみて
ほらまだ温かいでしょ?

2番サビは、6つの疑問文で形成されています。
この言葉の選択が、また素晴らしいんですよ。

「重いうつ病の人に頑張れと言ってはいけない」
これ、よく聞きますよね?

歌詞においても一緒で、正直「頑張れ」と言われるより「~じゃない?」とか「~でしょ?」と問いかけられた方が刺さるんですよ。

  • 「其処に全部は割いていないんじゃない?」
  • 「余白があるからじゃないんですか?」
  • 「まだ手放せず握り締めているんでしょ?」

こっちの方が、よっぽど心に寄り添ってくれてますし、頑張ろうって気になれます。

そして最後。
「もう一度強く抱きしめてみて ほらまだ温かいでしょ?」

実際、私の作品作りへの愛は「まだ温かい」んですよ。
そんなこと実感させられたら、まだ諦める訳にはいかないなと思わされてしまいます。

一歩間違えたら、この曲と対になっている「ラストリゾート」のようになってしまっていたかもしれない私には、どストライクです。

「結末は変わる」ラスサビ

最底辺掠める晩成の解
そこに全部を賭してきたんなら
心残り一粒残らなかったかな
この目から幾つも零れ落ちる様に
錆びついてた心が叫ぶから

最高だって笑ってたかったな
其処に愛を注いでたかったな
そのまま手放せず握り締めていたってさ
終わらせるには
まだ早いでしょ?
もう一度あの頃の様に
ほら今結末は変わる

そしてラスサビ、今までのサビで出てきた歌詞を使いながらも細部を変更して、巧みに意味を変えています。

正直凄すぎる。天才的。

そして何より凄いのが、「最底辺掠める晩成の解」の意味が変わるギミック。

1番では、「最底辺掠める晩成の解」は

惑わせるほど
まだ痛いけど
忘れてしまえばいいの

でした。

でもこの曲は、そんなんでは諦めきれなかった人の歌です。
諦めずもがいて足掻いて藻掻いた結果、ラスサビではガラッと意味が変わります。

終わらせるには
まだ早いでしょ?
もう一度あの頃の様に

「終わらせるには、まだ早い」んです。
「もう一度あの頃の様に」前に向かって進んでいくんです。

そして最後、結末は変わります。

動画説明文とMV(ミュージックビデオ)で歌詞に違いがある部分があります。

動画説明文や歌詞を掲載しているサイトでは、
「錆びついた心が叫ぶから」
になっていますが、

MVでは
「錆びついてた心が叫ぶから」
になっています。

ミクの声を聴く限り「錆びついてた」と言っているように聞こえるので、私はMVの方が正しいと思っています。
ですので、こちらには「錆びついてた」の方で掲載しています。

「ハッピーエンダー」曲名に込められた意味

そこまで聴いてから改めて曲名に目を向けると、またいいタイトルなんですよこれが。

曲名を英語に直すと、「Happy Ender」です。

Enderは、Endに接尾辞の「-er」が付いたものです。
「Player」とか「Listener」とかと同じですね。

「-er」は「~する人」という意味なので、Playerは「プレイする人」とか「選手」、Listenerは「聞く人」とか「傾聴者」とかになります。

じゃあHappy Enderは?

「ハッピーエンドになる人」ですね。

最高かよ。

Ayaseさんの他の曲もめちゃくちゃ良い

こんだけいい曲なのに、なぜ「夜に駆ける」と140倍もの差が開いているのか。

ちょっと納得いかない。
でも、思いつく理由がないわけではありません。

  • 人間に寄せない電子音的な調声
  • 意味不明なサムネ
  • 初見は歌詞見ながらじゃないと何言ってるか良く分からない歌声

まぁね、分かるよ。分かる。

でもそんなの打ち消すくらい良いんだ! 聴いてくれ!!!

マジで歌詞が良すぎる。
確かに「夜に駆ける」のメロディは凄いよ。

メロディだけなら「夜に駆ける」や「フィクションブルー」の方が「ハッピーエンダー」より上かもしれない。

でも歌詞が凄すぎるんだわ。

刺さりすぎた。
どのくらい好きかを示すために、Ayaseさんの他の曲と比較してみたのがこちら。
※完全に個人的な主観によるランキングなので、全然異論おっけーです。

歌詞ランキング
  • 1:ハッピーエンダー
  • 2:群青
  • 3:ラストリゾート
  • 4:幽霊東京
  • 5:ワンダラー
メロディランキング
  • 1:夜に駆ける
  • 2:フィクションブルー
  • 3:ハッピーエンダー
  • 4:ハルジオン
  • 5:群青

私の過去の人生でここまで刺さった歌詞はなかったので、歌詞は圧倒的1位です。
群青」の2倍、「ラストリゾート」の3倍は最低でも好きです。

というかAyaseさんの曲に限定せずとも、今まで聴いてきた全ての曲の中で1位です。

メロディ面でも3位とダブルランクイン。
それを総合するとこうなります。

総合ランキング
  • 1:ハッピーエンダー
  • 2:夜に駆ける
  • 3:フィクションブルー
  • 4:群青
  • 5:ラストリゾート

夜に駆けるより好きですね。歌詞が凄すぎるので。

私は正直歌詞よりメロディ派で、メロディが良ければ歌詞が意味不明でも大丈夫な人なんですが、あまりにも「ハッピーエンダー」の歌詞が刺さりすぎてこうなりました。

私が今まで一番好きだった曲は長い間「Winter, again」で、

ボカロ曲で一番好きだった曲は「Just a game」だったんですが、

最早全てをブチ抜きそうな勢いで迫ってきてます。
聴く度にまた好きになってく。

というか「夜に駆ける」は言わずもがなですけど、「ハッピーエンダー」を差し置いてメロディ2位の「フィクションブルー」もやばいんですよ。

私が初めて「夜に駆ける」を聴いた時の感想ですけど、

フィクションブルーハッピーエンダーラストリゾートを足して2.5で割ったような曲だな(大歓喜)」

と思いました。
その中でも一番「夜に駆ける」に似ているのが「フィクションブルー」で、もし誰かに

「夜に駆けるみたいなメロディの良い感じの曲ない?」

って聞かれたら真っ先に「フィクションブルー」を勧めます。
そしてその次に「ハッピーエンダー」を勧めます。

「夜に駆ける」のような流れるようなメロディで、より透明感を増した楽曲が「フィクションブルー」です。

「夜に駆ける」を好きな人ならだいたい好きだと思うので、「夜に駆ける」好きのくせに「フィクションブルー」聴いてない人は損してます。

おまけ:MV中に出てくる英文の意味

最後に、MVの中に出てくる英文にまた良いこと書いてあるので、それを載せたいと思います。
全部で3か所に出てきます。

1か所目:0分16秒

コメント欄に翻訳してくださっている方が居たので、それを掲載させていただきます。
まとめると、こうです。

とてもシンプルな夢物語、夢を追い、心を痛め、それを何度も繰り返す。
「挑戦すべきだ」と言うのは簡単だが、挑戦するのは最も難しい。
じゃ、諦める? 私は何をするべき?
【貴方】だけが決める事ができる【貴方】だけの物語。

いや、良い。

2か所目:2分30秒

こちらも翻訳してくださっている方が。

自責の念に苛まれているせいか、この世が憎たらしくてどうしようもないようだ。
だとしても、もし本当に全てをやりつくしたって、0にしようなんて考えるべきじゃない。
私はまだ出来る。
私はこんなもんじゃない。
やりたいことが在るなら、やるべきことは明確だ。

この文章が出てくるのは、2番が終わってラスサビに入る前の間奏です。
「まだやれるんじゃ」パートが終わって、「もう一度前を向く」パートに入るところですね。

私はまだ出来る。

3か所目:3分16秒

さて最後の英文ですが、ここだけ一部の文字が欠けてしまっているんですよね。

翻訳してくださっている方もいらっしゃいませんでしたし、推測混じりかつ分かんないところもありますが自分で翻訳してみました。

まず元の英文がこちら。
( )で囲まれているところが隠れてしまっている部分です。

In th(e futu)re I will not give up my dreams and keep ( )sing, when I encounter something I can’t do anyhow or anything I can’t do.

I want you to recall today’s day that I started chasing once again the dream I gave up.

We can get up many times.
I want to believe so.

(Rememb)er that the place you stand now is the youngest day in y(our life.)

It is only now if it starts.

(Reti?)re is n(? tom)orrow unless we do our utm(ost t)o do it( )
Strongly wish, cause action.

(I b)elieve ( )re is a future that there i( )n answ(er) whenev(er) an answer before th( r)epetition.

正直後半は欠けすぎてて全然わからないんですが、翻訳してみたものがこちらです。

将来、どうしてもできないことに出会った時でも、私は諦めない。
一度は諦めた夢を、もう一度追いかけ始めた今日のことを思い出してほしい。
私たちは何度でも起き上がれる。
私はそう信じたい。
お前の立っている場所は、お前の人生で最も若い日であることを忘れるな。
もしそれを始めるなら、今しかない。
私たちが全力を尽くさなければ、引退は明日となるだろう。
強く願え、行動を起こせ。
私は未来にこそ答えがあると信じている。
いつでも、繰り返し答えを追い求めろ。

最後の方推測すぎますが、大体こんな感じですね。

いや、かっこいいわ。

おわりに

「後悔と絶望の中から諦めずにもう一度前を向く」曲、ハッピーエンダー。

どうだったでしょうか?
まだ聴いてない人はここにも載っけとくのでマジで聴いて!

そしてよかったら、これ以外のAyaseさんの曲も聴いてみてください。

私が「発表されてる全部の曲を聴いてるアーティスト」Ayaseさんだけ。
本当にオススメのアーティストです。

さて、私にはゲーム制作もあるので、このくらいで失礼させていただきたいと思います。
ひしひしとひし形(@hishihishiga)でした。

それじゃ、結末を変えてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました