【大会使用デッキ②】レオナソルック紹介!【Shabure league special2】

自作デッキの作り方

はい、ひしひしとひし形@hishihishiga)です!

昨日に引き続き、大会使用デッキの紹介をしていきます!
ただね……ようやく現実を受け入れることができてきたんですが、

このデッキ多分弱いです。

勿論コンセプトが全部悪いとは思わないんですが、ちょっと色んな要素を詰め込みすぎたかな、と。

弱いデッキ紹介してどうすんの? みたいなご意見もあると思いますが、「こうやったら失敗する」っていう例を書き残しておくのも意味があると思うので、書きます。

(そのうち歴代の失敗したデッキ集とか作っても面白いかも。書くのかなり大変だけど)

色々反省点・改良案もあるので、この記事を書き終わったらデッキ修正したい。

まぁつまり、まだ発展途上のデッキだと思って見てください。

昨日の動員レイスデッキの紹介記事はこちら!(多分こっちの方が完成度高い)

デッキ構成

それではデッキ内容の紹介です。

このデッキは「東京札祭」「Shabure league special2」の両方の大会に持ち込みました。
それぞれデッキ構成が少し違うので、ひとつずつ載せます。

【東京札祭で使用した構成】

デッキコード:CEAQOAYJDINRYNSMLBQAEBQDBERSIMB2KJLAEAICBAYQCAYDBEBVKVY

【Shabure league special2で使用した構成】

デッキコード:CEAQOAYJDINRYNSSLBQAEBQDBERSIOSMKRLAEAICBAYQCAYDBEBVKVY

2つのデッキの変更点はこちらです。

変更点
  • 祝福を結ぶ者×2 → 星の創造×2
  • 霊峰の占術者モーニングライト

東京札祭の結果を受けて変更を行いましたが、その理由はこの後説明します。

構築の経緯

さて、次はこのデッキに辿り着いた経緯です!

先に組んでいた「ヤスオレオナ・ルルタリック」

まず初めに、新環境が始まった直後にヤスオレオナルルタリックを組んでいました。

今回のデッキは、この2つのデッキの良いところを混ぜ合わせたハイブリッドな構築になります。

ヤスオレオナの問題点

この構築の元となるヤスオレオナですが、色々な問題点を抱えていました。

ヤスオレオナの問題点
  • チャンピオン依存度が高すぎる
  • レオナのレベルアップが超重要だが、序盤のデイブレイクユニットが少なくレベルアップが不安定
  • バーストorファストのデイブレイクスペルがないので、即アタック時にスタンできない

これが問題点のほぼ全てです。
これを見ると分かりますが、ほとんどの問題がパーツが足りないってことに尽きます。

逆に言うと、序盤のデイブレイクユニットバーストorファストデイブレイクスペルがあと1枚ずつあれば、Tier1になるだけのポテンシャルはあると思います。

ヤスオレオナだからこその良い点もありますからね。

ヤスオレオナの良い点
  • スタン対象が「最も強い」なのが強力
    (参考)ミノタウロスの清算人:6コスで「最も弱い」
        レオナ:4コスで「最も強い」
  • ゼニスブレードで攻撃力の上がりまくる刃の舞手に永続オーバーパワーを付けられる
  • ソラリの祭司からの星の巡り合わせで、チャンピオンを引いてきやすい
  • モーニングライトの決定力がなかなか

これだけ良い点があるので、「パーツさえ足りれば」という感じなんですよね。

コンセプトが決まるまで

そんなヤスオレオナですが、全く違うデッキのルルタリックと共通しているカードがありました。

それがゼニスブレードです。

こいつらが共通しているのを見て思います。

あれ、レオナタリックいけるんじゃね?

タリックはスペルコピーが強力なチャンピオンです。
それを最大限活かそうとすると、付与するスペルが重要になってきます。

私が思う、タリックでコピーすると強いスペルランキングはこちら。

タリックコピー用スペルランキング
  • 第1位:ターゴンの祝福
  • 第2位:ゼニスブレード
  • 第3位:朧月の羽衣

とりあえず永続付与系が強いのは間違いないです。
特にターゴンの祝福は5コスト×2で10コスト分なのでやばい。

そして2位がゼニスブレード。

タリックで2位のスペルがレオナともシナジーあるのは流石に強い。

朧月の羽衣は2ドローできるので瞬間的にはゼニスブレードを超えていますが、後々にまで残ることを考えるとやはりゼニスブレードに軍配が上がります。

さらにレオナデッキにはソラリの祭司が居るので、招来デッキの要素も持っています。
そこで、「招来」から連想したことがこちら。

あれ、レオナタリックって両方ターゴンだから忠義もいけんじゃね?

なのでこいつもぶち込み始めます。
招来要素増やすならコスト低下は強い。

ですがここで問題が発生。
それが何かというと……

レオナタリック占術者、こいつら全員4コスト!

流石に4コスト9体は無謀なので、何かを減らすことを考えます。

少し考えた結果、減らすことにしたのはタリック。
なぜなら、1枚で強いチャンピオンが居たからです。

それがオレリオン・ソルだ!!!

ゲームの終盤までに1枚引ければ良くて、なおかつ出せばアホみたいに強いフィニッシャーのこのカード。
終盤グダったときに、全てを持っていってくれると思い採用を決めました。

そして即座にこのツイートを思い出し、龍の卵という確定サーチも投入。
序盤に来て邪魔な時は、魔法の絵描きの餌にすればいいので無駄にならない。

こうして、全てが完璧かのように思えました。

コンセプトまとめ

コンセプトまとめ
  • 基本はデイブレイクデッキ
  • サブプラン①にタリックでのスペルコピーバフ
  • サブプラン②に招来+コスト低下
  • フィニッシャーにオレリオン・ソルピン刺し

コンセプトはこれです。
複数のプランを用意することで、初期手札等に応じて柔軟に勝ちに行けるデッキを目指しました。

ヤスオレオナのようにチャンピオン依存度がアホほど高いわけでなく、様々な勝ち筋がある点が非常に良いと思ってたんだよなぁ。

採用カード

正直ここまでの時点でカードはかなりギチギチに決まっていて、変更できるカードはそこまで多くなかったです。

大体のカードは経緯に採用意図を書いたと思うので、ここまでで触れなかったカードについてだけ説明します。

  • 祝福を結ぶ者
    ジェムを生成して絵描きの餌にできる。
    マナが少ないとき・バフカードがない時のタリック用スペルにもなる。
  • 刃の舞手
    レオナとのスタンシナジー。
    クイックアタック持ちなので、単純にタリックの強化先としても悪くない。
    デイブレイクプランが厳しそうな時は、魔法の絵描きの餌。
  • 静寂拒絶
    単純に強い。
  • 星の創造
    1日目の大会での結果を受けて、回復カードが欲しくなったので投入。
    ついでに強カード引っ張ってこれる。

大会の配信

さて、このデッキが完成したのは大会の締め切りが大分近くなってからです。

最初は普通にヤスオスウェインと、このデッキより少し前に完成していた動員レイスを持って行こうかと考えていました。

ですがランクで3戦したところ。なんと全勝。
自作新デッキ持って行きたい病を発症し、急遽このデッキを登録しました。

昨日の動員レイスと同じ動画ですが、3試合目(00:29:27~)がレオナソルックの試合です。

タリックの良いところも出ているので、これを見ればどんな感じになるのかは大体分かると思います。

まあ、負けましたけどね!!!

昨日の動員レイスでもですけど、この試合でも大ポカをやらかしてるんですよね。

流星雨をTFとドレッドウェイの甲板員に打ったシーン、あれが完全にミスです。

除去される可能性を考えて、流星雨をコスト下がった状態で打ちたいと思っての行動でしたが、狂熱を合わせられたのが最悪でした。

そのせいで星の巡り合わせ+タリックを次のラウンドに出せなくなってしまうという本当の大ポカ。

除去される可能性は考えてたのに、その後の行動を霊峰の占術者のコスト低下ありきで考えてたんですよね。

安全に、先に星の巡り合わせをしておかなかったのが全ての敗因です。
リヴァイアサンのために、星の静寂(沈黙させるやつ)を取っておいたのとか上手かったと思うんだけどな~。

2日目の大会

1日目の大会はそんな感じだったので、デッキじゃなくてプレイングが悪かったと思い続投しました。

そしたら普通にいいとこなしで負けたよ!!!

特に大きなプレミもなかったと思う……。
第3試合はレオナ引けてれば分からなかったけど。

もう片方のドレイヴンエズリアルは完璧に仕事してくれたし、その日にマスター到達者も出たので我ながら素晴らしい持ち込みだったんだけどなぁ。

久しぶりのドレイヴンエズリアルの方を優先して回してたので、レオナソルックがあんないいとこなしで負けるほどパワーが足りないことに気づけなかった。
(それでもヤスオレオナよりは強いです)

改良案

何が弱いかというと、これですね。

  • 遅い。ミッドレンジの中でも遅い部類。
  • かといって純粋なオレソルデッキほど終盤の爆発力がない
  • プランが混ざり過ぎてて、全部が中途半端に来た時のどうすれば感がやばい
  • 敵の除去手段が少ない。

なので、最近はいっそアイオニアをやめて、デマーシアと組ませてみたりしてました。
それがこちら。

ソラリの盾兵と果し合いがめちゃくちゃ相性がいいので採用し、チャレンジャーのフリートフェザーもおまけで1枚投入。
これで多少、除去手段が確保できました。

まぁなくはないって感じでしたが、やっぱり根本的な解決にはなっていない。
そこで思ったこと、

もう忠義とか招来やめない??

これが私の今思ってることですね。
忠義とか招来全部やめて、もっとデマーシア寄りにしたレオナタリックにしちゃおう。

ジェネヴィーヴとか戦場の料理人とか斑白のレンジャーとかスライドとか入れたほうが、普通に強いと思いました。

なのでこの記事書くの終わらせてデッキ改良するぞ!!

おわりに

はい、デッキ改良したいのでここで終わりです。

中途半端な記事でごめんな!!!

改良したデッキが素晴らしかったら、また記事にするかも。

そんな感じっ!
ひしひしとひし形でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました